スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小夏
スポンサー広告  

母の言葉で子供たちへ

IMG_4973_convert_20090206191026.jpg 

 

いつも「ございますキャラ」の母ですが、

今日は普段の言葉で子供たちに話したいと思います

聞き苦しい場合もあるかも知れませんが、

方言混じりってこともあり、どうかお許し願いたく存じます

 

IMG_4971_convert_20090206185450.jpg  

 

もうじき、吉宗も六歳だな

 

IMG_4972_convert_20090206185538.jpg 

 

今、どんな気持ちでいるんだ?

幸せなのか?

 

母はさぁ、お前たちと毎日何時間も一緒にいて、

それでも本当の気持ちが分かんねえ時があんだよな

 

「なになに?なんなの?」

って、そのたんびに"想像"するしかなくてよぉ

 

想像をめぐらしてめぐらして、お前たちのココロを探るんだ

 

あー、犬が喋れたら・・

って思う時もあるよ

 

でもそれも怖ぇな

タケなんか、人間の年齢で考えたらよ、

「うっせぇよ、くそばばぁ」

とか言いかねねぇもんな(笑)

 

 

IMG_4964_convert_20090206185129.jpg

 

しょうがねぇ

どんだけ頑張っても、やっぱりお前たちは「犬」母は「人間」だ

完全理解は有り得ねぇと思うんだよ

 

やっぱり想像と体験から、ココロを推測するしかねぇ

 

 

IMG_4965_convert_20090206185226.jpg

 

お前たちにはでっかい牙がある

それをしまい込んで、父と母の言いなりになってる

 

そういう風に育てたんだから当たり前なのかもしんねえけど、

母はたったそれだけの事でも、

お前たちを愛おしく愛おしく思うんだよ

 

 

IMG_4967_convert_20090206185312.jpg 

 

自分たちの意思を一所懸命抑えて、抑えて、

父母の気持ちに、言葉に応えようとしてくれてる

 

 

IMG_4968_convert_20090206185351.jpg 

 

こんだけ近付いても、ぱくっといっちゃうヤツはいねぇもんな

人間の子供だったら「ちょーだいよー、えーーん」って泣けるけど、

お前たちはじーーーっと見てるだけだもんな

 

 

完全理解は出来なくても、

その眼

その耳の形

その足取り

その鳴き声を頼りに、

父母もお前たちのココロに応えようと頑張ってんだ

 

 

IMG_4974_convert_20090206185650.jpg 

 

母はさ

お前たちが一人ずつ灰になる時のこと考えっと、

多分神経が耐えらんねぇから、

自分が先に死んじまおうとまで思っちまうほど情けない弱虫だ

 

そんなアホなこと考えながら、

母はつくづく感じるよ

 

一所懸命育てて来て、

「自分は親だ」ってツラしてつけど、

 

本当はお前たち、ひとりひとりに支えられてんだな、ってさ

 

 

 

ちょうどブログ始めた時、父は大病患って入院してた

っていうか、父の病気を告知されて、ブログを始めたんだ

 

父に万一のことがあったら、って考えてさ

お前たちの姿、その日あったこと、写真つきで出来る限り見せてあげたくってな

 

今は父も元気になったけど、

あの頃、よく吉宗にすがりついて泣いてたよなぁ

 

 

ありがとな

いつもいつもありがとな

 

母はなんだかとっても幸せだよ

 

お前たちに会えたこと・・・ 









母の独り言に長々とお付き合い下さいまして、誠にありがとうございました
口が悪くてすみません 330

にほんブログ村 犬ブログ 超大型犬へ 
29このブログは皆様のクリックに支えられております420
スポンサーサイト
小夏
母の実況   16 0

:☆多頭飼い☆ - :ペット


同感です!
小夏さんも、やはり心が、優しいんですね。

犬は、特に一緒に部屋で暮らしたりしていると、とても愛おしく感じます。
言葉が、喋れたら?よく、考えます。

たぶん、喧嘩がたえないでしょう。
「こんな飯くえっか~」とか、「もっと、うめ~の食わせろ」とか、「眠て~んだから、かまうなよ~」なんて(^^)大変!

本心、このままず~と一緒にいたいですね。無理とは、わかっていても。本当に、そうおもいます。

PS,しかし、四匹の父への群がりようは凄まじい。
2009/02/06 20:49 | | edit posted by umesan
こんばんは。
こんばんは。


初コメになります。

昨夜徹夜したので、今日はダラダラしてました。


一才の娘に邪魔されながら、見てます。(^^)

読めないくせにブログ興味深々(*´∇`*)

また、ゆっくり寄らせていただきます。

では失礼します。
2009/02/06 21:22 | | edit posted by ☆KEEP BLUE☆
その気持ち
とてもよくわかります。
私のところのアレクサンダーはまだ子供。
でも、ここだけの話。この子が年とって、いってしまったら。。と 考えたときがありました。
もう、涙がぼろぼろ。。。

そして、思うのですが、犬は大昔から人間の伴侶だった。。。と、いうのが
最近なんとなく少しずつわかってきた気がします。^^

お互い、支えてもらって、癒されているのでしょうね^^
2009/02/06 21:46 | | edit posted by アレクサンダーの同居人
そっかぁー

あの頃、そうだったんだねー

人生いろいろだけど・・・

小夏さん・・・・・・・・・・ やっぱり幸せもん。

ミッフィパパさん バリバリ甘い物党だけど
 
バリバリ怖くてやさしい子供達のパパだものv-284
2009/02/06 22:35 | | edit posted by ぼびまま
いい事言うよねぇ~

それにしてもヨッシー最高v-218
2009/02/06 23:52 | | edit posted by おっさん
そ、そんな事が...
あの時、吉宗君、小夏さんの支えに成ってくれたんですね。v-221
旦那様はお元気に成られて良かったけれど、こう言っちゃあ何だけど、其のお陰で余計に可愛さが増したって事も...v-238

ハナママも他所の仔が病気に成ったと聞けばハナが病気に成ったらと想像したり、亡くなったと聞けばハナが死んでしまったらなんて考えますヨ~v-12

小夏さんは其の4倍も考えるんだから...
キット。v-237

可愛がって、躾けて...
元気で(ハナママも)暮らしたい。v-218
2009/02/07 07:53 | | edit posted by ハナママ
私、地元が一緒なので母さまの言葉、直接聴いてるかのように響いてきました
優しい母さまと父さま 可愛い子供たちに囲まれて幸せが溢れていますよ

犬の方が寿命が短いし、いつか・・・がくることは承知していますし、
そういう経験もしました

それでも一緒にいる時間が楽しいからまた犬と暮らしてしまうんですよね
逝ってしまった時はそりゃもう辛いし、一緒に逝きたいとすら思いました
・・・が、まだ残ってる犬たちがいるから頑張らにゃーと思い、今に至ります

犬ってほんとに心優しい生き物ですよね
お互い支えあって暮らしていきましょう♪
2009/02/07 14:25 | | edit posted by ネジバロ
コノ「たまのジ~ン。。な話」もあって
小夏さんのブログが大好きです。
犬と暮らすって、こういう事だよなぁ~と改めて思いました。
 とくに、、昨日は犬に対する考えが自分とは全く違う人に出会い
腹立たしく胸のムカムカが収まらなかったところだったので・・・
小夏さんの爪の垢を呑ませてやりたいわ!
なんて思っちゃいましたv-14
私も犬馬鹿かな(笑)

追伸 隙だらけの吉宗君 襲ってやりたいワv-238
2009/02/07 18:06 | | edit posted by ぬまた
umesanさんへ
優しいかどうか…
優しくなったとしたら、それも犬たちのおかげかと思います(^_^;)

しゃべって欲しいけど、確かにちょっと不安だったりしますよね~

ずっとこのままはない、って、
寂しいけど、まだまだこれから楽しいこともあるんですよね
大変なこともあるんだろうけど、
犬たちが幸せだと感じてくれたら嬉しいですね

父のパンにはいつもこうして群がってます
たまにこっそりあげてるのがバレバレですよネ
2009/02/07 20:39 | | edit posted by 小夏
KEEP BLUEさんへ
はじめまして

コメントありがとうございます

小さなお子さんと見て下さってるとの事、
嬉しい限りです

是非またお寄り下さいませ
2009/02/07 20:42 | | edit posted by 小夏
アレクサンダーの同居人さんへ
やっぱりそうですよね
普通に考えたら、犬の方が先に逝ってしまう…
とても切ないです
考えたくないけど考えちゃいますよね

支え、ですね
愛してもらって、支えてもらって…

犬の存在って凄いなぁって思います
2009/02/07 20:46 | | edit posted by 小夏
ぼびままさんへ
そう
丁度あの頃でした

ほんとに人生、色んなことがありますよねぇ

父が元気になったことだけでも、
ほんとに幸せです~
2009/02/07 20:48 | | edit posted by 小夏
おっさんへ
大したことは言ってないよぉ(^_^;

吉宗の写真、珍しく父が撮影したんだよ~
2009/02/07 20:50 | | edit posted by 小夏
ハナママさんへ
やっぱり一番落ち着いてて空気を読むのに長けてる吉宗は、
一番の支えになってくれました
やっぱり可愛いセガレです♪

考えたら辛いことは多いですね

でも自分も犬たちと一緒に年を取りながら思うのは、
自分が健康で元気でいることの大事さが身に染みます

頑張りましょうね
2009/02/07 20:55 | | edit posted by 小夏
ネジバロさんへ
あ、そうでしたか!
でも私は特に口が悪くて…(^o^;)

私も幼い頃に家で飼っていた犬が亡くなって、
あまり遊んだりしてあげたこともなかったのですが、
とても胸が痛かったのをかすかに覚えてます

ここまで愛してしまうと、別れはたとえようもなく辛いのでしょうね

ネジバロさんのおっしゃる通り、
受け入れて乗り越えて頑張るしかないんですよね

支え合える犬たちに出会えたこと自体、
とても幸せなことなんだなぁって思ってます
2009/02/07 21:02 | | edit posted by 小夏
ぬまたさんへ
ありがとうございます

え、なになに
何があったのかなあ?

私なんて、だらしない飼い主ですよ~
爪の垢も臭いし~(?)

犬馬鹿、って褒め言葉だなって最近思いますよ
お互い、良い犬馬鹿で行きましょう!

ママさんに襲われたら吉宗も発狂して喜ぶわぁ
2009/02/07 21:07 | | edit posted by 小夏














 

http://uttuponpe.blog109.fc2.com/tb.php/482-fb40ca19
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。