スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小夏
スポンサー広告  

小夏です

こんにちは257


以前「私たち夫婦が、大の犬嫌いだった」と書きました


厳密に申しますと、


主人は元々は動物好きで、犬を特別嫌っていたのではありません


よくある話です


噛まれたんですね   しかもドーベルマン   


もちろん訓練所でしっかり訓練を積んだはずの犬です



私は典型的な怖がり


生まれたばかりの子犬さえ触る事が出来ませんでした

吉宗が我が家に来たのは、私が「番犬」を欲しかったから284


正直言いまして、私のイメージは「柴犬」でした


よく吠えてくれるし、飼い主にも忠実、散歩も苦にならないだろう、と・・


でも、主人が選んだ犬がロットだった


苦手なパソコンを駆使し、図鑑を読み、どんな犬種なのか調べました


をしっかりしなければ、猛獣です」との説明書きが・・1


身構えましたよ   当然ですよ


体重も、成犬ともなれば60㎏にもなる   見た目も怖い330


「ナメラレタラおしまいだ」   ポイントはこれだな77


 


吉宗との生活は、とにかく体力勝負でした


弾丸のように飛びついて遊びを要求するから打ち身だらけ


言う事を聞かない時には、暴れる吉宗を組み敷いて口や耳に噛み付いたりもしました


内心、最初は怖かったです   いや、かなーりビビってました263


 


懐かしいですネ  今では超甘えん坊でありなから、外に出れば立派に警護をしてくれます257他のワンちゃん達と遊びたがって、興奮してしまうのは変わりありませんが・・258


周囲から「怖そう」「危なそう」と思われている超大型犬が、飼い主にはトロトロに甘えてくる


その素晴らしいギャップを体験出来ることこそが、デカイ犬たちと暮らす醍醐味だと感じています


 


おチビなワンが「見てるだけで癒される」可愛さを持つのと同じように、デカ犬のどっしりとして、おっとりとした姿に飼い主は癒されているワケです


 


あー、犬を語ると止まりません


夕飯の買い物行って来まーす


 

スポンサーサイト
小夏
ドイツもこいつもあいつも一緒   0 0















 

http://uttuponpe.blog109.fc2.com/tb.php/11-b3fb8b67
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。